シアスマの副作用について

効果を得たいときは、正しく服用しなければいけません。
シアスマは服用方法が難しくなく、ムリなく服用できます。

【基本の服用方法と効果的な飲み方】
◇服用量:1日1回1錠
→服用間隔は24時間空けてください。
飲み過ぎは副作用を強くしてしまう可能性があるので注意が必要です。
◇飲みタイミング:性行為の1~4時間前
→服用後血中濃度のピークは3時間後。
セックスの3時間前に飲んでおけば、勃起力が最大の状態で臨めます。

シアスマは副作用が少ないと言われています。
症状は、ほてり・頭痛・めまい・鼻づまり・胃の消化不良などです。

有効成分であるタダラフィルは、水に溶けにくい性質がありゆっくり効きはじめます。
吸収スピードが遅い分、副作用も現れにくいというサイクルです。
“血流改善”を目的としているので、血行促進作用がでると「体が熱い」というほてりを感じる場合があります。

シアスマは、どのED治療薬にも劣らない圧倒的な持続力を持っているので、性行為のタイミングが分からなくても大丈夫です。
デートに行く前に服用してもOKなので、ED治療をバレずにできるメリットがあります。
恋人と旅行の際は、1日半の効果で時間を気にせずに楽しめます。

食事に影響されにくい特徴を持っていて、800kcal内であれば好きな料理を楽しんでいただけます。
食後の服用は可能ですが、脂っこい食べ物には気をつけましょう。
脂質が多すぎると胃の壁に油膜を張ってしまうので、吸収が妨げられてしまいます。
なるべく消化にいい食事と野菜やカロリーの低いあっさりしたものにしましょう。

どのシーンにも対応してくれるシアスマは、ED男性にとって大きな味方です。
EDを諦めずに治療薬で前向きに服用していきましょう。